青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア

青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア

青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア 海に囲まれたニューカレドニアはフランス領の南太平洋に浮かぶ島です。この島は、フランス領だったことから、今でも公用語はフランス語で、フランス人がバカンスに訪れる、おしゃれな雰囲気が漂う島です。首都ヌーメアでは、整備された美しいホテルが有り、南の島のリゾートを格調高いものにしてくれるのです。とはいえ、ホテルの夕食では豚の丸焼きが演出されて提供されるなど、野性味あふれる楽しみもあるのです。この島に来てしたいことといえば、ビーチでのんびりすることです。天国にいちばん近い島と言われたほどの透明度の高い青い海と、白い砂浜はこの世のものとは思えない美しさです。泳いでいるカラフルな魚がビーチから見えるほど透き通って、癒しを与えてくれるでしょう。

また、シーフードも楽しみの一つです。海に囲まれた島なので、ヌーメアの中央市場では毎朝の朝市で珍しい南の島らしいカラフルな魚の水揚げされたものを見ることができます。見たこともないような青い大きな魚や熱帯魚たちは見ているだけでも飽きることがありません。さらに、レストランでもこうしたシーフードは多く提供されています。おいしい牡蠣などの貝類、お刺身、グリル、カルパッチョなど魚好きの日本人に理想の環境です。

Copyright (C)2016青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア.All rights reserved.